FC2ブログ
7th-Heaven

月を向く向日葵

どうも、紀織です。


掲載している小説についての、どうでもいい話や言い訳的な長いあとがき。



今回は、「月を向く向日葵」。



いやぁ、五作目「虹色の弑虐」を書いて以来です。久々に手ごたえを感じたのは。
それ以外の作品に力を注いでいないわけではないのですが、
やっぱり、気分のムラや、調子の上下はあるわけで。
何だろう。五作ごとにいいのが出来るっつー、ジンクスでもあるんでしょうか。


今回、一番苦労したのは、タイトルでした。
前置きを書いてから内容を考え始めて、タイトルを飛ばして書いたんですが、
書き終えてから相応しいタイトルを考えるのに、かなり時間がかかりました。
幽香メインという事で、最初花言葉的な方面から考えていたのですが、
(友情に関する花言葉を持つ花の名前をタイトルにいれる、とか)
回りくどすぎて、伝わりにくいと思ったので、
スタートに立ち戻り、安直に幽香だから向日葵!ってのと、
花の名前をつけて回ってる花映塚の幽香の勝利セリフ(あなたに似合いそうな花を想像していたの)
で、咲夜には月見草が似合うって言っていたので、じゃあ月を入れようと思い、
「向日葵畑に咲く月見草」や「向日葵と月見草」、などなど、あれこれ考えた結果、
「月を向く向日葵」となりました。
普通、向日葵は太陽を向くものですが、それが月に向くというので、上手い事言えたんじゃないかと思います。
また、これにしても、「月に向く」や「月へ向く」、「月に向かう」、「月を見る」など、微妙な語感の違いも悩みましたねぇ。


さて、内容。
アルティメットサディスティッククリーチャーな幽香がメイン。
しかし、アルティメットサディスティッククリーチャーって打ち辛いな! USCって略すぞ!
とはいえ、作中の幽香は怒り心頭なだけで、そんなに残虐性はないけどね。

幽香の傘の設定に関しては、
花映塚の公式設定にある『枯れない花で出来た傘』というのから、発展させてみました。
ご都合主義甚だしいですが、まぁ割と妥当なんじゃないかな、と自尊してたり。

で。
花を咲かすために、咲夜さんが出てくるんですけど、
幽香メインの話のはずが、咲夜さんが出張り過ぎて、何かどっちつかずな話になってる感が否めませんねぇ。
自分の文体は、基本三人称に部分的に一人称を書きいれてますが(読みづらいのは重々承知)、
幽香の一人称部分が無くて、咲夜さんの一人称部分が多かったです。
気付いたらそうなってました。
だからまぁ……、幽香の変化(成長)する話でも有り、咲夜さんの成長する話でもあり……って事で。


ラストいっこ前の、お嬢様のセリフ。

「人間も妖怪も関係ないのよ。
どこであろうと何時の時代だろうと同じようなモノなのよ。

人間なんてものはね」

これは、黒執事というマンガの5巻から頂きました。
パクリじゃないよ。引用だよ。インスパイアだよ。
当初の予定では、咲夜に向かって幽香に言わせるつもりだったのですが、
あれよあれよと言う間に、お嬢様が言ってしまいました。
まぁ、今となってはこれが一番綺麗な言わせ方だったかななんて思うわけです。

ラストのオチ。
イイハナシダナーで終わらせてもよかったのですが、やっぱオチはあった方がいいだろうし、
自分にしては珍しく綺麗なオチが作れそうだったので、オとしました。
鈴仙まじごめん。愛してる。
メディスン? あぁ、次のコマになったら多分元通りだよ。コミック力場ってやつさ。
スポンサーサイト



【2008/11/30 17:58】 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ドキドキ…… | ホーム | まーくあっぷらんげーじ>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

INFOMATION

紀織

  • 紀織
  • Name:紀織(きおり)、キロリ
      Data:設定年齢約20歳さそり座のA型。
       分類学上オタク。
      About:小説やゲームの話をするスペース。
       本職は2D格闘ゲーマー。
       アニメはそこそこ。エロゲは少々。
       鈴仙は俺の嫁。Normalシューター。
     
  • LINKS

  • The Point of No Return
  • Mixi
  • ニコニコ動画マイリスト
  • ENTRIES

  • ごあいさつ(12/31)
  • わはー(12/06)
  • あじゃぱー(10/16)
  • 一段落(10/05)
  • オールウェイズゲームできます(09/03)
  • CATEGORY

  • No Escape (0)
  • 日記 (53)
  • 趣味 (6)
  • 小説 (22)
  • 東方 (4)
  • 飽くなき後書 (4)
  • CALENDER

    01 | 2021/02 | 03
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 - - - - - -

    ARCHIVES

  • 2009年12月 (2)
  • 2009年10月 (2)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (6)
  • 2009年02月 (13)
  • 2009年01月 (13)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (11)
  • 2008年09月 (10)
  • 管理者ページ
  • RSS
  • COMMENTS

  • キロリ(05/11)
  • yuz(05/06)
  • キロリ(03/18)
  • yuz(03/18)
  • キロリ(02/26)
  • yuz(02/25)
  • yuz(02/25)
  • TRACKBACKS