7th-Heaven

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2009年上半期 SSまとめ

どうも、紀織です。

掲載している小説についての、どうでもいい話や言い訳的な長いあとがき。

の、総まとめ。

ようするに、09年上半期に掲載した各SSを振り返ろうという企画(?)です。



■前書き
多分、燃え尽きちゃったんでしょうね。
最初の頃の勢いが嘘のように、SSが完成できなくなっちまいましたよ。タハー
数は少なめですが、ちゃんと振り返っていこうと思います。


□東方Project

■ベルベットルーム (作品集66) 1760点
地霊殿のキャラで誰か書きたいと思っていた所に、ねこ鍋ネタが降ってきたので、
お燐が土鍋で寝るだけの話。
ただそれだけで、さして面白いわけでもなく、どんでん返しがあるわけでもなく。
普通のオチでした。
魔理沙は意味も無く序盤に出てくるだけだし、幽々子が突然タイミングよく遊びにくるとか。
今思うとものすげー、ご都合主義です。


■とても大切なお客様 (作品集67) 990点
まさかの3桁ですよ。奥さん!(だれ
まぁ非常に短いし、内容も洗練されてないからしょうがないとは思います。自分が悪い。うん。
ふと唐突に、叙述トリックをやりたくなって、
一見、小町がメインキャラの誰かを彼岸へ送るという悲しい物語。に見えて、
実はメインキャラじゃないっていう。
コメントで「かるめ焼きはイメージとして結びつかなかった」と言われてたのですが、
かるめ焼きそれ自体ではなく、それが出来る様子が、まるで星の魔法みたいだと小町に言わせて、
魔理沙だと勘違いして欲しかったのです……まぁ、上手くいかなかったって事でしょう。

何となく、一つの作品というよりは、物語の中のワンシーンっぽいですけど、
前後の話がまったく思いつかなくて、こうなっちゃいましたとさ。


■虹色の恩愛 (作品集68) 1780点
「ザ・リベンジ・オブ・虹色の弑虐」
過去に書いた、「虹色の弑虐」のリメイクのような続編のような、よく解らない作品。
一応、今期の中では一番力を入れた作品。
時間軸としては進んでるので、やっぱ続編になるのかなぁ。
"八雲紫"が代々受け継がれるモノであるとして、ならばどういった時に受け継ぐのか?
というのを書いてみました。

作中、試験的ではあったけど、沢山のルビ(振り仮名)をつけました。
難読漢字や、比喩表現のために使う事は多々ありましたが、
やはり全ては、

>―――“八雲紫”が”八雲藍”にその名を譲る時。
>それは、己の式(こども)が成長する喜び……親の心を知った時なんですね

この部分。式を子供と読ませるがためにルビを振ってきたのだと、今なら言えます。



■蓬莱人が死んだとさ (作品集70) 2770点
いつかやろうと思っていた、妹紅と輝夜で京vs庵の掛け合いネタ。
「炎がお前を呼んでるぜ」、「なら燃え尽きろ。潔くな」 がやりたかっただけの作品。

……ではなく。いや、それも5割ぐらいはあるのですが、
殺し合いをする二人のうち、どちらかが本当に死んだとき、残された方はどうなるのかなー。
というのを考えてみた作品です。
蓬莱人が本当に死ぬ……と、いうのは流石に二次創作と言えど、原作の意味がなくなってしまうので、
実際は死んでないよー、ちょっと生き返るのが遅れただけだよー、となりました。
安易に慧音が何とかしてくれたよ! というのは芸が無くて自分では無いなと思ったのでやりませんでした。
ちゃんと別の理由が作れて一安心したのを覚えてますw

どうにも、最後の晩酌シーンをカットしたのが不評みたいで、
でもそのシーンを書いたとして、既に同じ事を妹紅と慧音で語っているし、酒飲むだけで動きはないし、で
カットしたんですが、ダメだったみたいですねぇ。素直に自分の力量不足って所でしょうか。


■CANDT (作品集77) 1400点
前作「蓬莱人が死んだとさ」より約3,4ヶ月ぶりとなる東方SS。
地味に書いた事なかった射命丸と、一応メインに椛を添えて。
取材記録という形で章別けをしたお陰で、途中冗長になりそうな部分を(省略)という風に出来たのが良かったかな。
最初の方は、何をしてるのか解らない風にして、後半になって判明させたかったのです。珈琲派か紅茶党かの調査を。
後は、口汚く喧嘩するシーンは、最初はもっと汚かったですねぇ。
流石にこれは不味いだろう、と自重して今のような口汚さに落ち着きましたが。

タイトルはC AND T で、「C」offee &(AND) 「T」ea で、
珈琲と紅茶だったんですが、やはり初見じゃCANDTって何?って感じであまり惹かれないですよねぇ。
と今になって反省。


□総評
一応、東方SS以外にもオリジナル長編を載せてたのですが、
故あって撤去したので、敢えて触れません。

前書きでも言ったけど、やっぱり、燃え尽きちゃった感があって、
以前みたいにポンポンとネタが浮かばないんですよねぇ。
あるいは書き出してみても、納得のいく出来じゃなかったり、収拾がつかなかったりで、ボツになってね。
09年下半期も、適当にゆるゆるとやっていこうと思います。

ではでは。ノシ
スポンサーサイト
【2009/07/11 23:40】 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |

CANDT

どうも、紀織です。


掲載している小説についての、どうでもいい話や言い訳的な長いあとがき。



今回は、「CANDT」。



前作の「蓬莱人が死んだとさ」から数えると実に3ヶ月とちょっと振りの投稿となりましたねぇ。
一応、この間も東方SSを書いたりはしていたのですが、
イマイチ納得いかない出来ばかりで、千切っては投げ、千切っては投げのボツの嵐。
その片鱗が、全然四月馬鹿してない四月馬鹿ネタたちですね。はい。


さて、内容。
ひょんな事から、文と椛が取材と称して珈琲派と紅茶党の決戦を行うというもの。
今回多分東方SSでは初めて、章分け(取材記録ノ一~)をしましたが、これはやばい。
基本的に場面の移動なんかを書くのが苦手なので、細かく章分けしたくなっちゃう!ビクンビクン!
でもあんまり多用すると鬱陶しい事この上ないと思うので、自重しよう。そうしよう。
正直、途中の白玉楼や永遠亭を(略)で飛ばすのも、どうかと思ったけど、
地霊殿で取材目的のネタバレをしようと思ったら、あれ以上引っ張るのはちょっと無理があると判断した。
そういう意味では、取材記録という風に銘打ったお陰で(略)として飛ばしても違和感が無かった様に思う。


結構悩んだのが、文と椛のケンカ部分。
自分が紅茶党なのでどうしてもそっち寄りになってしまうし、椛は相当口汚くなるし、で何度かリテイクしました。
まぁ、これぐらいの毒ならいいかな?(チラッ


書き終わってみれば
章分けしたり、取り消し線使ったり、全体的に若干メタい感じになってました。
まぁたまにはこんなのもいいかな。
【2009/06/02 20:51】 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |

4月馬鹿

どうも、紀織です。


掲載している小説についての、どうでもいい話や言い訳的な長いあとがき。



今回は、
「桜殺史 ~ Wish on a Cherry Fragments」
と、
「少女秘闘倶楽部」
と、
「永遠で語れ!」
と、
「かみかぜ」
の4つについて。




―――そんなわけで、エイプリルフールでした。

とはいっても、何が嘘なのかよく解りませんねw
更新された、というのが嘘になるのでしょうか。

しかも、4月1日過ぎてから更新してるしwww
ま、いっか。思いついたのが4月1日の昼過ぎてからだったしw


くだらないボツネタばかりですが、楽しんで頂けたら幸いですw


ではでは。
【2009/04/02 00:24】 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |

蓬莱人が死んだとさ

どうも、紀織です。


掲載している小説についての、どうでもいい話や言い訳的な長いあとがき。



今回は、「蓬莱人が死んだとさ」。



不老不死である蓬莱人。
だからこそ、殺し合いを続ける輝夜と妹紅。
なら……どちらかが本当に死んだとしたら……?

その発想から話を作ってみました。

まぁ、結局はかぐもこ話にありがちな感じになってしまった気がしないでもないけど。
でも要所要所で、自分なりにセンスの良い言葉を書けた気がするので満足です。

ラストは酒を飲み合って、仲良くなったような感じになっていますが、
その後も殺し合いという名の生かし合いは続けています。
妹紅が言ったように、二人の殺し合いは「憂さ晴らし」であり、
永い時を生きる蓬莱人なりの「遊び」でもあるのです。
だから、二人はこれからも殺し合いを続けるのでしょう。
【2009/02/25 21:32】 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |

虹色の恩愛

どうも、紀織です。


掲載している小説についての、どうでもいい話や言い訳的な長いあとがき。



今回は、「虹色の恩愛」。




No.5「虹色の弑虐」で書いた、八雲紫が代変りする。というネタ。
それを更に掘り下げてみました。位置的には「虹色の弑虐」の続編みたいなものですね。
で、初見でも話が解る続きモノ。という風なのを目指してみたんですが、どうだったんでしょ。
ファーストインプレッションは、どれだけ客観的に見ても、自分の視点からじゃ解らないので……。


内容的としては、親離れする娘とその親。といった所でしょうか。
一般に、八雲紫、八雲藍、そして橙の三人を表わす時に、「八雲一家」と呼ばれる理由を、
自分なりに説明づけてたりもします。

そして今回、ルビ(読み仮名)をいくつも振っています。
今までにも使った事はあるのですが、本文中に1回あるかないかぐらいで、
こんなにも沢山使ったのは初めてです。
意味が伝わる・伝わらない、以前にキチンと表示されてるかどうかが一番心配なのですがw
でもまぁ。今回、使ったルビの中で、「式」を「こども」と読む。
そこが一番やりたかったルビの振りでしょうか。


推敲に推敲を重ねた上での投稿だったのですが、
今も「ココはあぁすればよかった」とか「もうちょっと文章を加えた方が」とか、
色々と思ってしまいます。
後悔が上手なんですね。わかります。




最初の、ゾディアックファイアとコスモディスラプション。
……実は、ヴァンパイアのパイロンの技名だったり。
【2009/01/24 01:47】 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
次のページ

INFOMATION

紀織

  • 紀織
  • Name:紀織(きおり)、キロリ
      Data:設定年齢約20歳さそり座のA型。
       分類学上オタク。
      About:小説やゲームの話をするスペース。
       本職は2D格闘ゲーマー。
       アニメはそこそこ。エロゲは少々。
       鈴仙は俺の嫁。Normalシューター。
     
  • LINKS

  • The Point of No Return
  • Mixi
  • ニコニコ動画マイリスト
  • ENTRIES

  • ごあいさつ(12/31)
  • わはー(12/06)
  • あじゃぱー(10/16)
  • 一段落(10/05)
  • オールウェイズゲームできます(09/03)
  • CATEGORY

  • No Escape (0)
  • 日記 (53)
  • 趣味 (6)
  • 小説 (22)
  • 東方 (4)
  • 飽くなき後書 (4)
  • CALENDER

    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    ARCHIVES

  • 2009年12月 (2)
  • 2009年10月 (2)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (6)
  • 2009年02月 (13)
  • 2009年01月 (13)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (11)
  • 2008年09月 (10)
  • 管理者ページ
  • RSS
  • COMMENTS

  • キロリ(05/11)
  • yuz(05/06)
  • キロリ(03/18)
  • yuz(03/18)
  • キロリ(02/26)
  • yuz(02/25)
  • yuz(02/25)
  • TRACKBACKS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。